ポンプ主要構成部品

ダイアフラムポンプ部品構成

18
シンプル設計で保守が容易

1) フレキシブルな据付 
出入口配管接続部は180度の間で自由に角度を調整可能で配管設計及び工事が簡単です。接続口仕様は標準のねじ込み式の他、クランプ式、フランジ式などのオプションがあります。
2)堅牢ボデー
プラスチックシリーズのポンプハウジングは機械加工により削りだされます。この為抜群の機械強度を維持し、また化学薬品などに対しても耐性を実現しています。
3)一体成型ダイアフラム
ダイアフラムはコアと一体成型されています。この特殊構造ダイアフラムは従来のような固定ディスクあるいはナットなどが不要で液側に金属は露出しません。
4)低エアー消費量
エアバルブはデッドスペースなど無く高効率で少ないエアー消費量でポンプは作動します。また潤滑不要なので環境に優しい設計です。

2枚のダイアフラムはポンプシステムとして液体の吸込及び吐出動作を行います。タプフローのダイアフラムは一体成型のサンドイッチ構造で重負荷に耐えることが出来ます。
メタルコアと一体化されたこの構造は接液部にナット、ワッシャーなど不要で表面は極めてスムーズです。結果として漏れが無く、クリーンなダイアフラム構造となっています。
ダイアフラムポンプ 材質はPTFE(フッ素樹脂)、EPDM、NBR、FKMなどか各種あります。

19

PTFE製ダイアフラムカット図
1 強化芯材
2 メタルコア
3 EPDM層
4 PTFE層

20

エアバルブはポンプの心臓部として、ダイアフラム裏側のエアチャンバに圧縮エアを供給します。エアバルブは無給油タイプでメンテナンスフリー構造で、給油のコスト削減のみではなく環境に優しい設計です。バルブはデッドロック位置が存在しないのでエアーを供給するとポンプは自動的に運転します。バルブ材質は標準の真鍮製のほかオプションでステンレス(AISI316)製も選択できます。

21

タプフローポンプは4つのチェックバルブを有し液体を正しく搬送します。バルブはボールタイプでシンプルで信頼性のあるデザインです。シール性も良くクリーンな状態を保ち交換も簡単です。
バルブボールの材質はEPDM、NBR、PTFE、ステンレス、ポリウレタン、セラミックなどから適宜選択できます。

22

Tapflo社について. タプフローグループは欧州に本部を置く独立系のエアー駆動式ダイアフラムポンプ、渦巻きポンプ及び他の産業用プロセス機器の製造会社として世界中に機器を供給しています。28ヶ国以上の国々にグループ直営の営業拠点があり、30ヶ国以上の国々に販売代理店を有しています。