原子力業界向けダイアフラムポンプ

T825 for the nuclear industry

Tapflo社では原子力業界のさまざまな用途で使用するための最大モデルの空気式ダイヤフラムポンプを供給しました。 このポンプは、おそらく世界で最初のもので、原子力産業への納入経験が豊富なコンサルタント会社(Fagerstrom Industry Consultant)と協力して開発されました。

最初のアプリケーションでは、ポンプは、汚染除去のための移動台車に据付けられました。システムの課題は、原子力発電所の点検、補修、交換の際に浴びる、放射能を浄化し、除去することです。この種のポンプとしてより多くの用途への適用には、他にも考慮されるべき事があります。

Tapfloとして最大のT825モデルの特殊バージョンであるこのポンプは、クラス3コンポーネントの要件を満たし、プラントの運転に使用されるシステムに組み込むことが承認されています。

- このプロジェクトを推進したTapfloのHenrik Borisch, product managerは「このプロジェクトは長期間を要しまた要求の厳しいものであったと」と述べています。承認を受け使用開始許可を受けるまでに多くの計算、書類作成、並びにテストを要し、何についても妥協することなく進めていく必要があります。

 

参考資料

製品ページ:
サニタリーポンプ

カタログ:
商品カタログ(40ページ)

ポンプ/システム モバイルユニット(英語)

 

 


次の事例紹介

Sanitary pump for mushrooms transfer

吸込口高さ調整可能 可搬ポンプ

医薬業界のある会社より吸込口高さ調整が可能な可搬ポンプの依頼を受けました...

more

Tapflo社について. タプフローグループは欧州に本部を置く独立系のエアー駆動式ダイアフラムポンプ、渦巻きポンプ及び他の産業用プロセス機器の製造会社として世界中に機器を供給しています。28ヶ国以上の国々にグループ直営の営業拠点があり、30ヶ国以上の国々に販売代理店を有しています。